メニュー

TOPICSまちをつかう・知る

2016.02.24

長岡市中心市街地活性化協議会主催 トークライブ開催します

人をひき付けるまちづくり~私たちにできること~

 まちを楽しみ、まちに魅力を持たせる「コト」を実践している方を招聘し、活動事例を講演します。併せて、長岡でこれから活動していきたいと考えている若者会議のリーダーや既にまちなかで自分たちの居場所を作り出している団体とのトークセッションにより、長岡のまちなかをどのように使うか、その魅力をどのように作り出していくかを一緒に考えます。

1603トークセッションA4_HP用1603トークセッションA4_HP用2

トークセッション チラシダウンロード

■主催

長岡市中心市街地活性化協議会、長岡市空家対策計画策定検討委員会による共催

■開催日時/会場

日時:平成28年3月12日(土)13:00~
会場:第1安達ビル(長岡市大手通2-4-4 ながおか・若者・しごと機構内)

■プログラム

<第1部>

○ゲストスピーチ 13:10~14:50(各50分)

・(株)ジャパンエリアマネジメント 西本 千尋 氏
・佐々木設計事務所         佐々木 龍郎 氏

<第2部>

○トークライブ 15:00~16:00(60分)

【コーディネーター】 本木 陽一 氏

【コメンテーター 】 西本 千尋 氏 佐々木 達郎 氏
           大森 政尚 氏(ながおか若者会議居場所づくりチームリーダー)
           江原 正美 氏(EHARA JAPAN代表)
           安達 正典 氏(安達コンクリート工業代表取締役/ビルオーナー)

トークセッション チラシダウンロード

 

 

ゲストスピーカー・コメンテーター・コーディネーター紹介

西本 千尋

JAM 代表。埼玉県川越市生まれ。
埼玉大学経済学部、京都大学公共政策大学院卒業。公共政策修士(専門職)。
専門は公共空間の利活用、歴史的建築物活用などの地域ルールづくり。

佐々木 達郎

株式会社佐々木設計事務所代表取締役。1 級建築士。
住宅、医療福祉施設を中心にさまざまな用途・規模の建築の設計監理に携わっている一方で、横浜を中心にまちづくり、都市デザイン、関連調査研究などを実践している。2007年より横浜の関内・関外地区のストック活用によるアーティスト・クリエーターの拠点形成プロジェクト「芸術不動産」関連プロジェクトに携わっている。

現在神奈川大学・京都造形芸術大学・東海大学・東京藝術大学、東京都市大学、東洋大学非常勤講師。千代田区景観アドバイザー、 横濱まちづくり倶楽部理事、東京建築士会理事。

安達 正典

長岡市在住。株式会社安達コンクリート工業代表取締役
平成27年12月、所有物件をながおか・若者・しごと機構と長岡造形大学に提供。リノベーション等を許容し、賃貸借契約を締結。まちなかに物件を有するオーナーとして、現在のまちなかで起こる活動・動きについて注目している。

大森 政尚

長岡市在住、建具会社経営。ながおか若者会議、居場所チームリーダー。
ながおか・若者・しごと機構ではお兄ちゃん役を仰せつかる。
地方創生を考え行動しているうちに、餅は餅屋と気付き、これからは自分の得意分野で地方創生に臨もうと奮闘中。
月一ゴミ拾いPICKING UP MIND立ち上げメンバー。全国建具組合連合会青年部 第19代会長

江原 正美

作家。長岡造形大学を卒業後、長岡を拠点にアートプロジェクトチーム「EHARA JAPAN」を発足。平成26年9月、グループ展「EHARA JAPAN EXHI-BITION」開催。平成27年5月、長岡駅前にギャラリー兼アトリエスペース「長岡ベース」をオープン、EHARA JAPANのメンバーと共に改装、運営をしながら自らの作品や他の作家の展示等を行う。

本木 陽一

群馬県高崎市生まれ。アールアンドディーアイスクエア代表。一般社団法人場所文化フォーラム 専務理事。
地元・高崎にて「屋台通り」プロジェクトに参画。コミュニティー人材、コミュニティービジネスを目指すための現場実践型人材輩出・育成機関「高崎CIP」を設立。実際にコミュニティービジネスを立ち上げようとしている現場で人材を磨く活動を実施。

このページの先頭へ戻る